概要

原子力機構が抱える技術課題について、その課題解決に結びつける事を目的に予め実用化への成立性を見極める事業です。また、企業提案の廃止措置に関連する技術課題について、予め実用化への成立性を見極める事業です。各課題については、原子力機構より製品の試作や調査の発注を行ない、成果品(試作品や調査報告書)を年度末に納品していただきます。また、報告会にて報告後、その成果により次年度以降、成果展開事業や共同研究を行ない、さらなる発展を目指します。

技術解決課題促進事業とは

事業の進め方

技術課題解決促進事業フロー

令和元年度技術課題テーマについて

(A)機構技術課題解決型

    <ふげん関連テーマ>
  • ○「ふげん」Linuxサーバの本格運用に向けた調査と改善方法の提案
  • ○廃止措置業務支援に係わるオープンソース系ソフトウエア導入に向けた調査及び提案
  • ○収納容器運搬用電動昇降台車の試作
  • ○廃棄物容器外観点検装置の試作
  • ○配管内面斫り装置の試作

  • <もんじゅ関連テーマ>
  • ○廃液処理方法の改善について

  • <ナトリウム関連テーマ>  
  • ○液体ナトリウム中で使用できる小型スラスタの検討・試作
  • ○高温用小型モータの検討・試作
  • ○ナトリウム反応挙動把握用試験治具の検討・試作
  • ○ナトリウム中フランジの検討・試作

  • <レーザー関連テーマ>  
  • ○粉塵・溶融物評価用チャンバー内レーザー照射実験装置の試作

(B)企業提案型

  • ○企業様からの廃止措置に関連する技術開発の提案を募集します

※令和2年度 技術課題解決促進事業の募集は締め切りました

ダウンロード

技術課題解決促進事業 募集要項

技術課題解決促進事業募集要項ダウンロードボタン

技術課題解決促進事業 事前申込書

技術課題解決促進事業募集案内ダウンロードボタン

  • adobe readerをインストールするにはこちらのボタン
  • 展示会ポスター、及びパンフレットはPDFファイルになります。
    ご覧いただくにはAcrobat Readerが必要になります。

これまでの実績